「マイナス金利」の導入で住宅ローン借り換えのチャンス!

住宅ローン借り換え

2016年2月16日から日銀が「マイナス金利」を導入しました。
三井住友銀行は15日、一部の住宅ローン金利を引き下げると発表。三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行も引き下げを検討しています。 一方、今年から厚生年金保険料の引き上げや子育て世帯臨時給付金の削減など家計には厳しい年になります。
住宅ローンの借り換えを検討するなら住宅ローン金利が最低金利を更新している今がチャンスです!


住宅ローン超低金利!借り換えは金利に注目!

住宅ローンの見直しは、その目的に合わせた商品選びが重要なポイントになります。

総返済額を減らしたいのか、月々の負担を下げたいのか、返済期間を短縮したいのか、など、人によって住宅ローンの見直し理由は様々だと思います。

人それぞれの理由がある住宅ローンの見直しですが、共通して言えるのは適用される金利によって、結果が大きく違ってくるということです。

住宅ローンの見直し、特に借り換えを検討している人にとって、金融機関等で店頭表示される金利は気になるところです。

借り換えの1つの目安としては金利差が重要にもなるからです。

現在利用している住宅ローンの金利よりも低い金利表示であれば、間違いなく借り換えに対して前向きに検討するはずです。

例えば利用している住宅ローンが固定金利で、それよりも1パーセント以上も低い金利が表示されていれば、借り換えることでのメリットも充分に想像できます。

一方、一定期間、優遇金利が適用されているような場合では、例え同じ金利表示だとしても、優遇期間が長くなればそれだけ借り換えのメリットが得られるはずです。

変動金利のタイプの場合は、ほぼどの金融機関も変わらない金利表示といったケースも考えられますが、金融機関によって金利を引き下げる優遇期間を採用している場合もあります。

下げ幅が大きければ店頭表示金利よりも有利な条件で借り換えることも可能になるはずです。

金利差がなくても優遇される期間や下げ幅によっては、実際に適用される金利に差が出てくる場合も充分に考えられます。

住宅ローンの借り換えで返済金額が減る!?

住宅ローン借り換え

あなたは、「今借りている住宅ローンは高い!!」と思ったことありませんか?

住宅ローン借り換えなら今がチャンス!!ですよ。

今までにない低金利時代なので、住宅ローン引き下げ競争が加速しており、各金融機関が顧客の獲得に必死なのです。

住宅ローンの中には、借り換えでなんと数百万単位という高額な金額がお得になることもあります。

10年ほど前に住宅金融公庫の融資を利用した方は、11年目以降金利が4%台に上がってしまったので、返済負担が増えてしまいます。

そして民間の固定金利選択型ローンを借りた人も、基準金利をベースにした金利が適用されてしまいますので、返済金額が増える場合が多いです。

返済金額が増えて大きくなった負担を住宅ローンの借り換えをして軽くしてみませんか?

昔に借りた高いローンから、低いローンに借り換えすることができれば、返済金額の負担が軽くなります。

超低金利の今だからこそ、住宅ローンの借り換えを考えてみてはいかがでしょうか?




最新の記事

  • 家を買い換えると住宅ローン控除が受けられない事も!

    マイホームの購入は多くの人にとっては一生に一度のこととなりますが、家族構成の変化によって買い換えをするケースも充分に考えられることです。 2DKで充分と持っていたマイホームが、家族が増えたために手狭となり、3LDKに買い換えるなんてこ...


  • 一気に2倍?!住宅ローン控除の内容が変わる?

    平成25年1月に発表された税制改正大綱によって、平成25年で終了する予定だった住宅ローン減税は、平成26年度以降も継続される予定となったことはご存じでしょうか。 その内容を見てみると消費税の増税をにらんで住宅ローン減税は拡大される方向...


  • リフォームローンでも住宅ローン控除を受けなきゃ損!

    住宅ローンを借り入れ念願のマイホームを手に入れた人にとって、住宅ローン控除は家計的に魅力的な制度であることは間違いありません。 住宅ローン控除が適用されるためには、その要件を満たす必要がありますが、意外と知られていないのが新築以外の住...


  • 転居した時住宅ローン控除はどうなるの?

    念願のマイホームを手に入れ新生活をスタートしたものの会社から転勤を命じられて、というようなことはサラリーマンであれば決して珍しいことではありません。 転勤先で永住するような場合であれば、マイホームを売却して転勤先で新居を購入するといっ...


  • 住宅ローン控除に必要な5つの書類

    住宅ローンを借り入れて晴れてマイホームを購入した人にとって、住宅ローン控除は魅力的なであることは間違いありません。 住宅ローン控除を受けるための用件はありますが、その要件を満たしていれば、住宅ローンの年末残高に応じて所得税や住民税から...


  • 住宅ローン控除の基礎講座

    マイホームの購入に際しては住宅ローンを利用する人がほとんどでしょう。 居住するための住居を購入するために金融機関から住宅ローンを借り入れた場合、所得税が還付される住宅ローン控除を利用することができます。 住宅借入金等特別控除が正式名...


  • 借り換え効果絶大!フラット35で低金利

    住宅ローンの見直し、特に借り換えを検討している人の多くは、金融機関が取り扱っている住宅ローンを中心に検討しているケースが多いものです。 新規で住宅ローンを検討している場合には、金融機関の商品とともにフラット35も選択肢に含まれるケース...


  • 住宅ローンの借り換え手続きは以外と簡単

    住宅ローンの見直しから借り換えを検討している人にとっては、実際の手続きも気になるところではないでしょうか。 人によっては借り換えを検討していても、手続きを面倒に感じて二の足を踏んでいる人もいるかも知れません。 確かに今、借り入れてい...


  • 住宅ローン低金利の今借り換えるベストなタイミングは?

    長期にわたって返済が続く住宅ローンですが、一度返済がスタートしてしまうとなかば自動的に銀行口座から引き落とされてしまうので、何もなければ逆に見直す機会がないものです。 見直しが必要になる理由は人それぞれで、家計の見直しから住宅ローンの...


  • 借り換え先を選ぶ前にまずは見直し!

    住宅ローンの見直しを検討している人にとっては、借り換えたほうが本当にメリットがあるのかどうか、メリットがある借り換え先はどこなのか、というのは非常に気になるところです。 ただ闇雲に表示されている金利が低いだけで、借入先を決める人も少な...


  • その繰り上げ返済ちょっとまった!

    住宅ローンを見直そうと考えた時、その方法として考えられるのは繰り上げ返済か、もっと条件の良い住宅ローンへの借り換えとなります。 手元にある程度のまとまった資金があるとすれば、多くの人は繰り上げ返済を検討し、総返済額を抑えることを考える...


  • 繰り上げ返済のメリットとは?

    住宅ローンの見直しを検討した時に、手元にまとまった資金があれば繰り上げ返済を一番に考える人も多いはずです。 銀行に預けておいてもたいした利息も期待できず、その一方で住宅ローンではそれなりの利息を払っていることを思えば、繰り上げ返済を実...


  • 2タイプある繰り上げ返済の選び方

    住宅ローンを利用している人の多くは、30年以上の返済期間を設定している人がほとんどではないでしょうか。 実際に住宅ローンを借り入れた年齢にもよりますが、一般的な定年の年齢でもある60歳を超えても、まだ住宅ローンの返済が残る人も多いはず...


  • 住宅ローンを借り換える4つのメリット

    住宅ローンを見直すメリットと一言で言っても、人によって住宅ローンを見直す目的が違いますので、一概に決めつけることは難しいものです。 例えば月々の負担を減らしたいという目的で住宅ローンの見直しを行った場合、トータルの返済額では以前よりも...


  • 楽天銀行の詳細ページ

    いま最も勢いがある銀行と言えば『楽天銀行』です。クレジットカードも好調ですので、利用者が多いわけです。 楽天銀行はもともとイーバンク銀行という名前でした。 ネットバンキングとして活躍していましたが、楽天銀行になってからもネット銀...